« 第28回中央アジア学フォーラム | トップページ | 『内陸アジア言語の研究』21, 2006 »

2006/08/07

採点作業半分終了

共通教育科目の採点を終了.
受講生約150名の答案を前にして,6問の論述式試験としたことをいささか後悔しつつ採点作業に取り組む.
これが日本語かというひどい答案も少なくないが,来年以降は(たぶん)講義で接しないであろう理系学部の学生が講義内容をしっかりフォローしてくれていると,逆に嬉しくなってくるものだ.
一方,教員養成を主目的とする学部に属する学生から,板書のノートをまる写しただけの「箇条書き」答案がかなりの数あったことに驚いた.いくらノート持ち込みを認めたとはいえ,「〜について述べよ」という設問なんだから,主語・述語をともなう文章を書かないと答案とは言えんだろうが.教採試験はどうするつもりだ?
残りは人文学部開講科目の答案.これも提出者はほぼ同数,2問の論述式試験.

|

« 第28回中央アジア学フォーラム | トップページ | 『内陸アジア言語の研究』21, 2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/11311971

この記事へのトラックバック一覧です: 採点作業半分終了:

« 第28回中央アジア学フォーラム | トップページ | 『内陸アジア言語の研究』21, 2006 »