« 『文物』2006-6 | トップページ | 梅村坦先生より »

2006/08/11

イラン・イルハン朝期ペルシア語および多言語命令文書研究

九大の四日市康博さんのご好意を得て,標記の共同研究(東京外大AA研)に1泊2日で参加してきた.
詳しい内容は書けないが,貴重な資料を扱う現場に立ち会えたことはありがたい.
厚かましいアプローチをご海容下さった四日市さんと羽田亨一先生に,あらためてお礼申し上げます.

|

« 『文物』2006-6 | トップページ | 梅村坦先生より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/11160286

この記事へのトラックバック一覧です: イラン・イルハン朝期ペルシア語および多言語命令文書研究:

« 『文物』2006-6 | トップページ | 梅村坦先生より »