« 『吐魯番学研究』2005-2 | トップページ | 抽印 »

2006/07/14

『中央アジアにおけるムスリム・コミュニティーの成立と変容に関する歴史学的研究』

科研費報告書 (No. 14201037: 堀川徹代表), 2006.3

稲葉 穣「ムスリム侵入時のフェルガーナ」
井谷 鋼造「中央アジアにおけるアラビア文字墓碑銘研究の試み」
小野 浩「テムル朝シャールフのウイグル文字テュルク語文書再読」
川口 琢司「ティムールとヤサ」
川本 正知「16世紀中央アジアのソユルガル下賜文書」
矢島 洋一「系譜書二通」
などを掲載.

研究代表の堀川徹先生から拝領.堀川先生ありがとうございました.
特に,拙稿でも用いたシャー=ルフ特許状を厳密に再検討する小野論文が興味深い.

|

« 『吐魯番学研究』2005-2 | トップページ | 抽印 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/10914084

この記事へのトラックバック一覧です: 『中央アジアにおけるムスリム・コミュニティーの成立と変容に関する歴史学的研究』:

« 『吐魯番学研究』2005-2 | トップページ | 抽印 »