« ウィンブルドン | トップページ | 『文史』2006-2, 2006 »

2006/06/29

『中世北東アジア考古遺蹟データベースの作成を基盤とする考古学・歴史学の融合』

科研費報告書 (No. 16019202: 村岡倫代表), 2006.3

村岡 倫「チンカイ屯田と長春真人アルタイ越えの道」
白石 典之「ハルザン・シレグ遺蹟及び風塚の実測図面」
松田 孝一「クビライ時代のチンカイ地区(剳記)」
松川 節「新発現の漢モ対訳『勅賜興元閣碑』碑片」
鈴木 宏節「モンゴル国バヤンホンゴル県発現のブンブグル碑文」

などを収録.
これは鈴木さんから拝領.鈴木さん・村岡先生,ありがとうございます.

|

« ウィンブルドン | トップページ | 『文史』2006-2, 2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/10693944

この記事へのトラックバック一覧です: 『中世北東アジア考古遺蹟データベースの作成を基盤とする考古学・歴史学の融合』:

» 中世北東アジア考古遺蹟データベースの作成を基盤とする考古学・歴史学の融合 [Nahoo's Moods]
村岡倫(編) 2006 『中世北東アジア考古遺蹟データベースの作成を基盤とする考古学・歴史学の融合』 平成16・17年度研究成果報告書(文部科学省科学研究費補助金特定領域研究 中世考古学の総合的研究−−学融合を目指した新領域創成−−情報システム論研究部門 D01...... [続きを読む]

受信: 2006/07/24 21:23

« ウィンブルドン | トップページ | 『文史』2006-2, 2006 »