« 『東アジア石刻研究』創刊号 | トップページ | 岡田英弘『だれが中国をつくったか』 »

2006/05/31

『東トルキスタン出土「胡漢文書」の総合調査』

科研費報告書(No.15401021: 荒川正晴代表),2006.3.

荒川正晴「調査の概要とコータン新出漢文文書」
吉田豊,Notes on the Khotanese secular documents of the 8th-9th centuries.
武内紹人,Old Tibetan Buddhist Texts from the Post-Tibetan Imperial Period (Mid-9 c. to Late 10 c.).
松井太「新疆所在ウイグル語文書調査簡報」
佐藤貴保「ロシア蔵カラホト出土西夏文『大方広仏華厳経』経帙文書の研究」
赤木崇敏「帰義軍時代チベット文手紙文書 P.T. 1189 訳註稿」
服部等作「ソグド人虞弘墓の浮き彫りにみる座像と饗宴の光景」
白須淨眞「寧東大将軍百済斯麻王(武寧王)・王妃合葬墓の「墓券・墓志石」への一提言」

佐藤・赤木両若手の意欲作ほか重要な報告が並ぶ.
(もちろん拙稿は措いていただきたい)

|

« 『東アジア石刻研究』創刊号 | トップページ | 岡田英弘『だれが中国をつくったか』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/10337189

この記事へのトラックバック一覧です: 『東トルキスタン出土「胡漢文書」の総合調査』:

» ウルムチ−ジムサル−キタイ−ムル−バルクル−ハミ [Nahoo's Moods]
 9:30起床,朝食。体調はだいぶ復調。出発前に松井氏より玉稿抽印を賜る。ここにお礼申し上げる。11:00出発。バルクル(巴里坤哈薩克自治県)・ハミ(哈密,コムル)市方面へ向かう。13:00,ジムサル(吉木薩爾)で給油。13:50,キタイ(奇台)県の馨園食府という回族レスト...... [続きを読む]

受信: 2006/08/01 21:48

« 『東アジア石刻研究』創刊号 | トップページ | 岡田英弘『だれが中国をつくったか』 »