« 萩原守『清代モンゴルの裁判と裁判文書』 | トップページ | 第51回国際東方学者会議 »

2006/05/16

『ハラホト出土文書(モンゴル文)の研究』

科研費報告書(No.14310174: 吉田順一代表),2006.3.
代表者の吉田順一先生から拝領.吉田先生ありがとうございます.
あくまで中間報告という位置づけだが,先古典期モンゴル語文献研究における画期的成果であり,諸方を大いに裨益すること確実と断言できる.
数年来ペテルブルク所蔵文書にとりかかっている私としては,自らの停滞ぶりが何とも情けないという思いが先立つのではあるけれど,この成果を新たな突破口として利用させてもらおうと意を新たにもする.

|

« 萩原守『清代モンゴルの裁判と裁判文書』 | トップページ | 第51回国際東方学者会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/10104059

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハラホト出土文書(モンゴル文)の研究』:

« 萩原守『清代モンゴルの裁判と裁判文書』 | トップページ | 第51回国際東方学者会議 »