« 『東洋史研究』64-4, 2006.3 | トップページ | 第51回国際東方学者会議 »

2006/04/07

『KOTONOHA』39, 40

古代文字資料館(愛知県立大学)

39号(2006.2)
中村雅之「近世音資料における果摂一等の表記」
吉池孝一「パスパ文字印「gi」の近代における使用例」

40号(2006.3)
伊藤佳奈子「「胡同」はどのように漢語の中に取り込まれていったのか」
竹越孝「『飜訳老乞大』に見られる墨書について」
吉池孝一「江戸期古銭書『奇妙百圓』(1789年)中のパスパ文字と満洲文字」

吉池孝一先生から拝領.吉池先生ありがとうございました.

|

« 『東洋史研究』64-4, 2006.3 | トップページ | 第51回国際東方学者会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/9472540

この記事へのトラックバック一覧です: 『KOTONOHA』39, 40:

« 『東洋史研究』64-4, 2006.3 | トップページ | 第51回国際東方学者会議 »