« 新着 | トップページ | 『東洋史研究』64-4, 2006.3 »

2006/03/29

内陸アジア史研究の新史料と展望

国際ワークショップ「内陸アジア史研究の新史料と展望」

主催:国際共同研究「黒水城西夏至元朝社会文書研究」
日時:2006年4月15日(土)13:00〜
場所:九州大学文学部講義棟207教室

杜建録(寧夏大学西夏学研究中心主任・教授)
 「中国西夏学の回顧と展望」
舩田善之(九州大学大学院人文科学研究院講師)
 「元代漢語公文書研究の展望」
オヨンゴア(烏雲高娃)(中国社会科学院歴史研究所副研究員)
 「元代外交文書研究の展望」
松井太(弘前大学人文学部)
 「モンゴル時代東トルキスタン出土文献研究の動向と課題」

詳細は舩田さんの Nahoo's Moods を参照されたい.
私もウイグル語・モンゴル語文書について一席うつことになりましたが,むしろ他の3先生のお話を聞いて勉強させていただくのが主目的です.

|

« 新着 | トップページ | 『東洋史研究』64-4, 2006.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/9312395

この記事へのトラックバック一覧です: 内陸アジア史研究の新史料と展望:

« 新着 | トップページ | 『東洋史研究』64-4, 2006.3 »