« 「捌綜」棉布 | トップページ | 紀要 »

2006/01/10

拙稿

Matsui, D. 2005: Taxation Systems as Seen in the Uigur and Mongol Documents from Turfan: An Overview. Transactions of the International Conference of Eastern Studies 50, pp. 67-82.

昨年5月開催の国際東方学者会議の紀要が刊行.
これまで「複雑多様である」というだけで片づけられてきたトゥルファン発現ウイグル語・モンゴル語文書中の税役術語を,西ウイグル時代・モンゴル時代に腑分けしつつ,それなりの制度的体系の中に位置づけることを試みたもの.
この英文紀要は大会当日の報告原稿を掲載するのが原則らしいが,なにしろ 5000 words という制限があるため,相当に原文を端折って枠組みの提示を優先せざるを得なかった.またの機会に細部の実証を詰めながら詳論する必要があろう.
よろしくご批正を賜りますようお願い申し上げます.

|

« 「捌綜」棉布 | トップページ | 紀要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/8095118

この記事へのトラックバック一覧です: 拙稿:

« 「捌綜」棉布 | トップページ | 紀要 »