« ゼミナール | トップページ | Amazon.deから »

2005/11/25

HARRASSOWITZより

Ablet Semet, Laxikalische Untersuchungen zur uigurischen Xuanzang-Biographie (VdSUA 34-8). Wiesbaden, 2005.
C. Weber, Buddhistische Beichten in Indien und bei den Uiguren (Studies in Oriental Religions 46). Wiesbaden, 1999.

前者は玄奘伝の漢語とウイグル訳語との対応に関する研究.裨益される点まことに大.
後者の刊行はかなり以前になるが,最近知り得たもの.著者は故 H.-J. Klimkeit 教授の門下生.宗教学的な中身は私の頭でフォローできるかどうか...
2冊で合計132E.それにしても昨今のユーロ高はどうにかならんものか.

|

« ゼミナール | トップページ | Amazon.deから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/7311414

この記事へのトラックバック一覧です: HARRASSOWITZより:

« ゼミナール | トップページ | Amazon.deから »