« 学会報告・講演 by 松井太 | トップページ | 科研費その他の報告 by 松井太 »

2005/04/01

学界展望・書評・雑纂 by 松井太

  • 松井太「ソグドからウイグルへ」森部豊(編)『ソグド人と東ユーラシアの文化交渉』(アジア遊学175)勉誠出版,2014.8, pp. 175-176.

  • 松井太「モンゴル時代の東西交易」岡本隆司(編)『中国経済史』名古屋大学出版会,2013.11, pp. 175-176.

  • 松井太「契丹とウイグルの関係」荒川慎太郎・澤本光弘・高井康典行・渡辺健哉(編)『契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア』(アジア遊学160)勉誠出版,2013.1, pp. 56-69.

  • 松井太「ウイグル人と交易活動」歴史学研究会(編)『世界史史料4・東アジア・内陸アジア・東南アジアII・10−18世紀』岩波書店,pp. 34-36.

  • 松井太(廣中智之:譯)「吐魯番出土回鶻文書中所看到的七康湖和其灌溉」『吐魯番學研究』2010-1, 新疆吐魯番學研究院, 2010.6, pp. 79-81.

  • Dai MATSUI, Book Review: Michael C. Brose, Subjects and Masters: Uyghurs in the Mongol Empire, Western Washington 2005. International Journal of Asian Studies 6-2, 2009.7, pp. 247-249. → PDF (196KB)

  • Dai MATSUI, Recent Situation and Research Trends of Old Uigur Studies. Asian Research Trends (New Series) 4, 2009.3, pp. 37-59. → PDF (304KB)

  • 松井太(講演録)「文字文化からみた草原とオアシスの世界」『東洋文化研究』11, 2009.3, pp. 455-478.

  • 松井太(新刊紹介)「森安孝夫『シルクロードと唐帝国』」『史学雑誌』116-12, 2007.12, p. 91.→ CiNii PDF

  • 松井太「第38回国際アジア・北アフリカ研究会議 (ICANAS38)・中央アジア史関係」『東方学会報』93, 2007.12, pp. 15-18.

  • 松井太「非漢字資料と西域仏教(上・中・下)」『東奥日報』朝刊,2007年8月1日〜8月3日

  • 松井太(研究会報告)赤坂恒明「カラホト文書と元朝下のチャガタイ王族」第5回中央ユーラシア研究会報告,2007.5.26. http://www.l.u-tokyo.ac.jp/tokyo-ias/centraleurasia/meeting/2007/070526.htm

  • 松井太(書評)「舩田善之著「元代の命令文書の開読について」」『法制史研究』56 (2006), 2007.3, pp. 273-274.

  • 松井太・山部能宜「国際学会 トゥルファン再訪──シルクロード美術・文化研究の第1世紀──」『東方学』 106, 2003.7, pp. 168-177.

  • 松井太「第39回野尻湖クリルタイ」『東洋学報』85-1, 2003.6, pp. 91-97.

  • 松井太「八思巴字的制定──蒙古的文字政策──」『蒙古學信息』2002年第2期,内蒙古社會科學院,pp. 20-22.

  • 松井太「中央ユーラシアのネットワークとウイグル商人」『世界史のしおり』2002年1月号,pp. 1-7.

  • 松井太「パスパ字の制定──モンゴルの文字政策──」『しにか』2001年11月号,pp. 34-37.

  • 松井太「1999年の歴史学界──回顧と展望──」内陸アジア(1)『史学雑誌』109-5, 2000.5, pp. 253-258.

  • 松川節・松井太「嶺北省右丞郎中総管収粮記」森安孝夫・オチル(編)『モンゴル国現存遺蹟・碑文調査研究報告』中央ユーラシア学研究会,1999.3, pp. 245-251.

  • 中村淳・松川節・松井太「フイテン=ゴル岩壁銘文」森安孝夫・オチル(編)『モンゴル国現存遺蹟・碑文調査研究報告』中央ユーラシア学研究会,1999.3, pp. 266-268.

  • 松井太「カラコルム関係碑文官職名・人名総合索引」森安孝夫・オチル(編)『モンゴル国現存遺蹟・碑文調査研究報告』中央ユーラシア学研究会,1999.3, pp. 234-244.

  • 松井太(書評)「S.-Ch. Raschmann, Baumwolle im türkischen Zentralasien, Wiesbaden 1995」『内陸アジア言語の研究』12, 1997.7, pp. 99-116. → PDF (760KB)

|

« 学会報告・講演 by 松井太 | トップページ | 科研費その他の報告 by 松井太 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/12854645

この記事へのトラックバック一覧です: 学界展望・書評・雑纂 by 松井太:

« 学会報告・講演 by 松井太 | トップページ | 科研費その他の報告 by 松井太 »